|gozzo

みやぎの焼きたてごちそう海苔 | 寒流のり gozzo > Topics > 新海苔の入札スタート

新海苔の入札スタート

2015年11月19日

bid

11月19日、宮城県塩釜市でみちのく寒流のりの新海苔初入札がありました。
日本全国から多くの問屋さんが集まり、会場は大盛況でした。

 

会場のオープンは朝の7時です。
私たちのいる山元町から塩釜市までは車で2時間ほど掛かるので、まだ外が暗いうちに出発しました。
「今季は出来・収穫量ともに前年を上回っている」という前評判を聞いていたので、どんな海苔が出ているかと車中の会話もはずみます。

  

会場には「みちのく寒流のり」と大きく書かれた段ボールがずらりと並んでいます。
この日出荷された4106万枚の海苔が産地と等級別に積まれる中、私たちは試食をしながら入札価格を考えていきます。
写真はその様子です。
気が遠くなるような数の海苔が並んでいるので、あらかじめ狙いを定めて試食をしないと入札に間に合いません。

 

お昼過ぎには入札が始まります。
入札というとオークションのようなイメージがありますが、海苔の入札は目に見えるかけひきは一切なし。
希望価格をそれぞれがひとつだけ出し、一番高値を付けたところが入札できるのです。わずかな差で入札できないなんてこともあるので、この時間はみんなヒリヒリとした気持ちで過ごします。 15時頃にはその日の入札が終わり、帰路につきます。
私たちもお目当ての新海苔を入札することができ、ほっとひと安心。
これから3月末にかけて毎週入札が続きます。私たちにとって楽しみな海苔のシーズンの始まりです。

尾身 奈美枝 料理研究家
尾身奈美枝さんのごちそうレシピ
尾身奈美枝・料理研究家

「フードコーディネーター」という職種を世に広めた先駆け的存在。
「料理の鉄人」をはじめ、多くの番組や誌面を手掛ける。
身近な食材を使った手軽でおいしい料理を得意とし、 「きょうの料理」で先生役を務めるなど料理研究家としても活躍中。
「海苔をもっとおいしく、もっと近くに」をコンセプトに、 gozzoのごちそうレシピを考案いただいております。